アイクリームをワセリンやニベアで代用する事もできます。

 

意外とこれが効果的!?

 

アイクリームにワセリンが意外と優秀だった!?

アイクリームにワセリンが意外と優秀だったのです。
ワセリンも優秀

 

ワセリンというのは万能の美容グッズとして知られています。

 

ワセリン、ヴァセリンなど呼ばれますが、基本は一緒。

 

主なワセリンの使い方:

  • 唇のリップ代わり
  • クレンジング
  • 全身の保湿
  • 日焼け後のお手入れ
  • まつ毛の美容クリーム
  • スキンケアの仕上げ

など、コスパが良いのにこれだけ様々な使い方ができます。

 

アメリカの有名な女優、ジェニファー・アニストンのスキンケアはとってもシンプル。

 

化粧水・乳液を付けた後は、10分ほどフェイシャルマッサージで顔の筋肉をほぐし、最後に少しワセリンを目の下に塗るだけなのだそうです。

 

こんなこと聞くとやっぱりワセリンは優秀なんだなって思いますよね。

 

ワセリンの第1の役割は「保湿」。

 

乾燥しやすい目元は保湿が重要。

 

安いし、ドラッグストアやスーパーで買えちゃうからワセリンを使おう!と思うのはちょっと待ってくださいね。

 

確かに、ワセリンは保湿としてものすごく優秀ですが…それは自らの肌再生能力がある場合に有効です。

 

要するに、お肌のターンオーバーが正常な場合です。

 

30代、40代ともなると、このターンオーバーが乱れている人がほとんど。

 

だから、目元のたるみ・しわ・くまなどできてしまいます。

 

ワセリンは固いので、直接ワセリンを塗ると皮膚を引っ張り・摩擦するのでお肌には良くありませんし、返って乾燥がひどくなる場合があります。

 

この場合、いくらワセリンを目元に塗って保湿されたとしても根本的な部分は治りませんから、意味がありません。

 

肌の再生能力が衰えている、肌のターンオーバーが乱れている場合は専用のアイクリームを使いましょう。

 

目の周りの皮膚にも優しいテクスチャーと成分で、しわ・たるみ・クマなどをしっかりとケアしてくれます。

 

アイクリームにニベアでガッツリ保湿!

アイクリームにニベアの青缶がめっちゃ保湿できる。
ニベアを代用に使う

 

アイクリームの代用としてニベアの青缶が良いって話聞きますよね?

 

ニベアはリーズナブルでボディケアに使っていたという人、多いかもしれませんね。

 

ニベアは、実はアイクリーム販売しているのですが日本では、市販で買う事はできません。

 

ニベアの青缶が代用に使えるのか、ですが…。

 

ワセリンと同じく、ニベアは保湿として有効です。

 

ワセリンよりも緩いテクスチャーですから、目元の薄い皮膚をあまり摩擦せずに使う事も可能です。

 

ですが、目元って保湿したいだけではありませんね?

 

しわ、たるみ、くまなどお悩みはそれぞれあると思います。

 

これらの悩みには適した成分があります。

 

そういった成分はニベアには配合されていません。

 

基本、ニベアの成分はワセリンなので結局、保湿が精一杯です。

 

しわ、たるみ、くまなどをケアしたいのであれば、適した成分の入ったアイクリームを使う必要があります。

 

保湿のみしたいのであればニベアでよいですが、他の悩みがあるのなら、アイクリームを使いましょう。

 

アイクリームおすすめランキングでは、当サイトイチオシのものをご紹介していますから、参考にしてください。