アイクリームのレチノールやセラミドを徹底調査しました。

 

アイクリームのレチノールはコラーゲンの生成を促進

アイクリームのレチノールはコラーゲンの生成を助けます。
レチノール

 

アイクリームにはレチノールという成分が配合される事が多いのですが、これがどんな効果があるのか知ってますか?

 

レチノールはビタミンAの事でコラーゲンやエラスチンの合成を高め、皮膚のターンオーバーを早める効果があると言われています。

 

コラーゲンやエラスチンが増えるという事は、シワやたるみの改善に効果が期待できるうえ、ターンオーバーが改善される事でシミやくまにも効果が期待できます。

 

レチノールはエイジングケアの効果が高い一方、刺激が強いという弱点もあります。

 

コスメに含まれるレチノールは0.01%〜0.1%とかなり低めなのですが、敏感肌、肌が弱っている時は、かえって肌がかさついたり、赤みが出る事もあります。

 

レチノール入りのアイクリームを使う際はパッチテストを行ってから使うとよいでしょう。

 

アイクリームのセラミドは保湿ばっちり!

アイクリームのセラミドは保湿効果がばっちり!
セラミド

 

セラミドと言えば保湿

 

そもそもセラミドは人の肌の角質層に存在していますし、何重にも折り重なっています。

 

ですが、年齢を重ねるとともにそのセラミドを生成する力は減少し、バリア機能も低下します。

 

セラミドのピークが赤ちゃんという事なので、産まれたらセラミドは減少する一方…。

 

天然のセラミドは優れた保湿効果があり、ヒアルロン酸と同じように肌にうるおいの効果をもたらします。

 

セラミドには…

  • 肌の保湿
  • 肌の保護・バリア
  • 美白、シミ、シワ、肌荒れ防止

といった効果があります。

 

目元というのはとても乾燥しやすい部分なので、アイクリームにはなくてはならない成分です。

 

アイクリームの幹細胞でお肌若返り!?

アイクリームの幹細胞はお肌若返り効果!
幹細胞

 

最近コスメ界では、幹細胞が話題となっています。

 

でも、幹細胞ってよくわかりませんよね…。

 

幹細胞というのは、「自ら増殖する能力と、特定の働きをする細胞に分化する能力とを合わせ持つ細胞」の事です。

 

医療の現場でも注目され、再生医療で使われています。

 

幹細胞には、動物・植物・ひとと3種類存在しています。

 

この幹細胞を用いたコスメも増えてきています。

 

が、コスメには幹細胞そのものが入っているわけではなく、幹細胞を培養している液を配合していますから、正しくは「幹細胞培養エキス」です。

 

当サイトのアイクリームおすすめランキング1位で紹介している「アビエルタ ディープモイストクリーム」はエーデルワイス培養エキス(幹細胞エキス)を配合しています。

 

この幹細胞エキスは、ミトコンドリアに働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸を生成する働きがあるといわれ、今、大注目の幹細胞エキスです。

 

「アビエルタ ディープモイストクリーム」は医学誌にも掲載され、その効果が認められています。

 

コスパも良いので、今までいろんなもの試したけどダメだった…という人は試してみてください。